日本人役者は全員へたくそ

日本人役者はそろいもそろって大根ばかりだ。テレビをつければそこで行われているのはリアリティなどどこ吹く風と言わんばかりの大仰な芝居かさもなくばリアリティをはき違えた独り言みたいな暗い演技かしかない。どちらにしても下手としか言いようがない。

もちろん海外の役者が全員うまいと言うつもりはない。母国語の日本語だから特に演技の粗を感じ取ってしまうのかもしれないし、英語が母語ならハリウッド俳優も大根だらけだと感じるのかもしれない。しかし例えば下記のリンクのように非日本語話者による批判記事があったり、下のyoutubeの動画のように日本語と英語のバイリンガルが日本独自の演技スタイルを指摘していたり、英語も日本語も流暢なデーブスペクターが日本の演技を批判していたりするのを見るとやはりアメリカに比べて日本の役者が特にひどいのではないかという考えもあながち間違いではないと思えてくる。しかもそういう指摘は日本語・英語問わず、ネット上だけでも探せばいくらでも出てくる。逆に日本の演技がうまくてアメリカの演技が下手だなどと言っているのは探しても出てこないし聞いたためしがない。全く根も葉もない言いがかりではないというのは間違いないと思う。

3 reasons Japanese movies today suck, according to distributor and producer Adam Torel – Japan Today

リアリティがない

日本人役者の演技についての批判は突き詰めると最終的にこの点に行きつく。現実味のない不自然な演技。日常生活ではまずお目にかからないような人工的でちぐはぐな会話にドラマと映画の中だけで許される訳の分からないお約束の数々。考えるだけでげんなりする。

それで、こういった批判をするとドラマや映画はフィクションなんだから現実と違ってもいいじゃないかというような意見が必ず出る。しかしリアリティあってのフィクションじゃないだろうか。「フィクション=なんでもあり」というわけではない。根底に「実際そういう話があっても不思議ではない」と思わせるような現実味、リアリティがなければフィクションとして成立しない。

ここで「フィクションの根底にある現実味」というのは何かといえば、要するに役者のセリフ回しとか所作とかのことだ。どんな虚構作品であれ、作中の出来事・社会制度・物理法則が全く現実離れしていたとしても主要な登場人物の動きや喋りは必ず現実の人間に基づいている。登場人物全員がアメーバ状の宇宙人でテレパシーで会話するなどという作品は例がない。動物や宇宙人が主要なキャラクターとなる場合は程度の差はあれたいてい擬人化される。物語の設定は現実と違っても全く問題がない一方、登場人物の人間らしさだけはフィクションに絶対必要な条件といっていい。

そういう意味で日本の映画・ドラマは、本来虚構でかまわないような、むしろ虚構であるべき出来事とか劇中の社会制度などの表面的なことには中途半端に現実にこだわるくせに、本来一番現実に基づいていないといけない所作やセリフ回しに人間味がないため、フィクションとして成立していない。

リアリティがなくなる原因

急に大声で怒鳴る

数年前に龍馬伝という大河ドラマがあったけどあれはひどかった。ひどすぎて全部見ていないけども、登場人物の男たちがやたらめったら大声で怒鳴り散らすシーンがふんだんに盛り込まれた、ある意味不思議なドラマだった。あんな人間が現実にいるだろうか。

もちろん怒鳴っていけないとはいわない。筋の通った理由とそこに至る経緯があれば自然な演技になる。しかしたいていは何の脈絡もないところで相手の話をさえぎるように急に大声を出す。これはどう考えてもおかしい。普通急に大声を出されたらびっくりするはずなのに、不思議なもので言われたほうの役者もまるで怒鳴られることを事前に知っていたかのように平然としている。

しかもテレビなどを見ているとこういう大仰な芝居を迫真の演技と評したり鬼気迫ると形容したりしているのである。評価する側も終わっている。

スポンサーリンク

役割語

最近はだいぶましになってきたようだが特に女性の「~だわ」「~のよ」に代表されるような役割語はさっさと廃止したほうがいい。年寄りのセリフならまだわからないでもないが、二十歳そこそこの普通の女性が今時オカマしか使わないような女性語を使っているのは滑稽でさえある。

女性言葉以外にも上司語とか子供言葉のような現実では絶対に聞くことができないような役割語がいまだに根強くはびこっている。役割語というのは結局のところ何かと言うと人物描写の手間を省きたいという考えから生まれる製作者側の手抜きだ。その人物がどういうキャラクターなのかということを所作とか表情、セリフの間などの微妙な要素で表現できるだけの力量を持った役者が存在しないからステレオタイプとしての役割語に頼るしかなくなってしまうのだろう。

とはいってもアニメや漫画で見られる露骨な役割語と比較すれば、実写作品の役割語は穏当なほうといえるかもしれない。実写作品でひどいのはたとえばNHKの朝の連ドラとか大河ドラマで使われているような方言である。連ドラをはじめドラマ・映画で使われている方言というのはリアリティを出すためのものではなく、とりあえず簡便な雰囲気づくりのためにその地方の訛りをうわべだけ真似ているだけのものにすぎない。セリフにその地方の方言をとり入れるのは結構なことだけどもやるからには誠実にやってほしい。もちろんその方言にしかない言い回しは通じないので標準語に置き換えざるを得ないが、ほかの地方の人にも通じるようなちょっとした語尾の違いや、特にアクセントは複数のネイティブを監修につけてある程度忠実に再現してもらいたい。残念ながら現在の日本のドラマや映画で満足な方言はまず聞くことができない。割と全国的に広まっている関西地方の方言でさえそうである。ちょっとニュアンスが違うというレベルではなくて、全く意味を取り違えた言葉を全然見当違いのところで連発するのは方言を役割語としてしか考えていない証拠だ。上っ面だけのサル真似だからある意味でその地方の言葉を軽視しバカにしている。とはいえ標準語の演技も満足にできない役者に方言での演技を期待するのは少し酷かもしれない。

ステレオタイプで人物描写する

これは上の役割語のより一般的な話で、日本人役者は演じるキャラクターの人物描写というのを安易なステレオタイプで行いがちである。陳腐なイメージに頼るしか方法がないほど演者の引き出しが貧弱なのだろう。

ある職業の人物になりきるためには実際にその仕事をしている人を手本にするのが当然かと思う。しかし、日本人俳優は自分が見聞きし体験した経験を根拠に役作りしようとしない。彼らは世間のステレオタイプを研究し同じような役を演じた過去の役者を手本として役作りしようとする。結果的には現実離れした映画・ドラマの中だけのお約束が誕生するわけだ。

説明的な演技

日本人役者は感情描写が単純すぎる。ネット上では日本人は外国人に比べて普段感情を表に出さないのに演技では過剰だから不自然にみえるとかいう意見が目立つがそれは少しずれた説明に思える。過剰というよりはむしろ感情表現がワンパターンで多様性に欠けるといったほうが正しいだろう。悲しい場面では露骨に眉間にしわを寄せ涙を流し、腹が立てば周りが見えなくなり突然大声を張り上げ怒鳴り散らす。楽しい場面ではその場にいる全員が分かりやすく大笑いをする。そしてあるときは急に暗くなりぼそぼそしゃべる。日本のドラマや映画を観ていると日本人役者の演技というのは笑うか泣くか激高するか暗くなるかしかなくて情緒不安定だ。それ以外の感情表現があったとしても微妙な程度というものが表現できず全か無かである。

おそらく日本人の役者とか制作者は悲しい場面では露骨に暗くなり涙を見せなければ感情が観客に伝わらないとでも思っているのかもしれない。舞台ならともかくわずかな音や挙動も拾える映像作品では事情が違うだろう。ちょっと考えればわかるように現実の世界では感情はちょっとした挙動や顔のほんの少しの動きだけでも読み取られてしまう。人前に出たときの緊張は隠そうと思っても伝わるし、深い悲しみは見せまいとしても隠し通せない。ほんのわずかな動作から感情が読み取られるのが現実なのにドラマでは決まり切った悲しさの表現をこれでもかと盛り込み悲しみの説明をしたがる。

セリフの順番待ち・台本の読み上げ

日本の演技をおかしくしている原因としてかなり大きい部分を占めているのが「セリフの順番待ち」問題だと思う。役者のセリフは基本台本通りに読むことを期待されているのか、必ず誰かが話し終わるのを待ってから次のセリフをしゃべるようになっている。

そしてセリフを読んでいないときはわき役からエキストラに至るまで一人残らず直立したまましゃべっている人の方を直視して会話に集中し、律儀に聞き入っている。聞き取れずに一度聞き返したり、話している途中で別のところに気が移ったり、相手の話が耳に入らなくなったりということは一切ない。会話は緩急がなく台本通り初めから一直線にきれいに流れていく。

順番通りよどみなく流れていく会話と直立不動の人物たちのせいで画面が単調になり安っぽさが際立ってしまう。

人工的なセリフのため噛みそうになる

すべての役者に当てはまるわけではないものの、セリフをすんなりと言えずに噛みそうになりながらなんとか着地する役者が少なからずいる。これもおそらく台本をほとんどそのまま読んでいることが原因だと思われる。たとえばわかりやすいところだと橋田壽賀子のドラマがある。渡鬼の登場人物はほとんどが聞いた瞬間にそれとわかる橋田壽賀子独特のセリフ回しで、役者が普段使わないであろう言い回しが多いのでスムーズではない。他のドラマでも渡鬼ほど露骨ではないものの、何人かはそういう役者が必ず登場する。セリフが自分の中で一度消化されたうえで自分自身の言葉として繰り出されるのが本来の芝居のはずなのにセリフを覚えてうまくセリフを追うことが芝居だと勘違いしている。「自分自身の言葉として」というのはアドリブでセリフを変えるという意味ではない。字面は台本と全く一緒でも台本を思い出しながら言っているのと自分が言いたくて言っているのとでははっきりと違う。

シンゴジラのNG集では、いかにセリフを台本通りに読むことに夢中かということがよくわかる。

時代劇なのに現代訛り

当時の会話を完全に再現するのは不可能なのである程度は仕方ないとはいえ、とにかく最近の大河ドラマをはじめ時代物の作品は当時の人の話し方を真似しようなどという気は毛頭なく、見事なほどに全員現代訛りである。字面だけは「拙者は何々じゃ云々」と言っているのに、その辺の若者がしゃべっていそうなアクセントと独特の現代風の訛りのせいで着物も髷もコスプレにしか見えなくなってしまう。

最近のNHKの時代劇は小道具とか時代背景の考証は割と入念に行っているように見えるのに肝心の役者のセリフ回しの時代考証が一切ノータッチというのが本当に不思議だ。1000年前の言葉をどうこうするのは無理だとしてもせめて幕末の言葉ぐらいは現在でも真似できるんだからなぜしようとしないんだろうか。むしろ当時の出来事や歴史的事実の考証はいい加減でもいいから一番重要なセリフ回しを第一に考えてほしい。

なぜ批判されないのか

日本人の演技を批判する人はもちろんいるけれども、なぜか大多数の人は現状のもので満足してしまっている。今のような日本の演技を幼いころから見させられてきたのでオーバーなのが当然で演技とはそういうものだと思っているだけだろう。たしかに自然な演技が良いかオーバーな演技が良いかという価値観は絶対的なものではないので今の日本の演技のほうが良いという人が間違っているとは思わない。しかし個人的にはどうしても馴染めないしアメリカのような自然体の演技のほうが何の抵抗もなく物語に没頭できるという意味で優れていると信じている。

そして一方ではこういう批判をすると必ず「素人が偉そうに言うな」とか「じゃあ誰の演技がうまいと思うのか」とかいうことを言われるけども具体的に誰が下手で誰がうまいということではなく日本人俳優全体に共通するこれこれこういう特徴が下手だということをいっているので具体的にどのシーンの誰かといわれても困ってしまう。具体的にどのシーンかといえばほとんどすべてのシーンと答えるしかない。俳優の演技力の問題以外にもカメラワークとかちゃちなセットによってより演技がしょぼく見えるという点も否めないが、いずれにしてもほとんどの作品のほとんどすべてのシーンを通して不自然な点が目立ち物語に集中できない。アメリカの映画は(もちろん例外はあるものの)全体を通して比較的自然なので具体的にどのシーンの誰が下手かというのは言えるが日本の映画は全体を通して下手なのでどこの誰が下手かというのは言いようがない。そしてうまいなと思うのは自然体の演技ができる人である。すごく高いレベルの演技を求めていると思われるかもしれないが、そんなことは全くなくて違和感のない自然な演技という最低限のレベルしか求めていない。そういう自然かどうかという意味で今の日本人役者にはうまい人は存在しないと思っている。確かにすべての邦画に目を通したわけではないので例外はたくさんあるだろうが、目に付く日本人の演技の大多数が不自然という点で共通しているという事実は変わらない。

そして演技など全くしたこともないような素人が偉そうに演技を語るなというのもあるが、本来演技を評価するのはほかでもない素人だからあちこちから文句を言われるのは仕方がないとあきらめてもらうしかない。演技は学ばなければ理解できないという性質のものではない。お笑いでもつまらないというとなぜか批判するなという奴が出てくる。お笑いも演技も本質的に素人が価値を判断できる類のものだし、しかも素人相手の商売だから素人が評価するのは当たり前だろう。ただしお笑いと芝居が違うのは日本のお笑い芸人はかなりレベルが高いのに日本の俳優女優は異常にレベルが低いということだ。お笑いは面白い人からつまらない人までまんべんなくいるが演技は下手なほうに偏っている。

コメント

  1. Haruo より:

    私も同じ疑問を長年抱き続けています。いつになったら自然な演技の映画やドラマが見れるのでしょうか?

    原因のひとつに役者、あるいは製作スタッフの日本独特の上下関係にあるのではないでしょうか。テレビなどで見ると新人俳優が先輩俳優を必要以上にリスペクトしている光景を見かけます。このような上下関係の中では長年受け継がれてきた伝統的演技論を新しい世代が否定できない環境にあるように思えます。

    • hishakaijin より:

      コメントありがとうございます。
      そうですね。新人が自分なりの演技論を持っていてもそれを発揮しにくい環境は確かにあるのではないかと思います。それと、そもそもまともな演技論とか演技観を持つことなく俳優業をしている人もかなりいるのではないでしょうか。
      私は業界の人間ではないので推測しかできないのですが、実際に演技に携わっている人が書いた次ような文章は非常に興味深いです。
      http://www.griffith-studio.com/column/001-010/006.html

  2. より:

    海外の、オーディションでその役に合う人間を厳選して、無名でも大作映画の主役に抜擢したりするところが大好きなのに、本当に日本のドラマや映画は何も失敗から学ばないなあと思います。
    この国の監督って売れる映画を作る気はあるんですかね?もう日本はアイデア産むだけに専念して、表現は全て海外に任せた方がいい気がします笑

    • hishakaijin より:

      そうですね。本当に良い作品なら役者が無名でも売れるのに、日本の映画製作者のほとんどは思考停止していて話題性のある役者を起用するぐらいしかやり方が思いつかないんでしょうね。